忍者ブログ
ディスプレイ上の美少女を見てひたすらニヤニヤするブログ
28 . February
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12 . February
 最近お近づきになったへなへなさんがTwitterを始めたようなので便乗してみた。そもそも「ついったー」ってなんぞや?とアホのコ丸出しで使い出したのですが、未だに良く理解しきってないです。昨日からブログにWiget置いてみたり、foxのアドオン入れたりしてみました。基本的にエロゲやりながら何かつぶやいていたりすると思います。使い始めてから知ったのですがこっちが一方的に知っている有名人が多すぎです。ネット界隈で有名な方とかエロゲのライターさんや原画の方、同人の音屋さんや絵師さん...etc

 一番びっくりしたのはシャキール・オニールがTwitterやっていたことでしょうか。

 ぶっちゃけフォローするのに尻込みするんですけど状態...真正のチキンなだけにガクブルしながらフォローしてみたりしていますが、発言を眺めてるだけでも結構楽しい。ブログをはじめてから、こういったサービスを使い出すことが増えましたが意外と楽しくやってます。

 私のアカウントはこちら→(Twitter / emubu)

 なんでも来いな感じなのでご自由にどうぞ。

Twitter をはじめよう! - GreenSpaceFrontPage - TwitterまとめWiki

 あたりを見れば使い方はなんとなくわかると思います。興味を持ったら気軽に使ってみることをお勧めしてみます。

 どうでもいい話、ubumeでアカウントとれなかったので逆から書いたemubuっていうのでアカウント取りました。

 emubu...→えむぶ...→M部... 一人でこんな連想ゲームしてよく解らないんだけど笑いました。

PR
10 . February
 ブログパーツなどでよく見かける読書メーターってご存知の方が多いかと思います。このサービス私もつい先月から利用を始めたのですが、運営元から新しくゲームメーターというサービスを開始する旨のメールが届きました。コンシューマーからエロゲまで、自分のプレイしたゲームの情報を管理できるというサービスみたいです。これは更新のネタになるぞ!ということで早速登録(リンク先が私のページ)してみました。プレイした作品を全て登録していたら半日以上掛かりそうなので、とりあえず2009年にプレイした作品のみです。一年でどのくらいの数になるのでしょうか。積みゲーのところにいっぱい登録しようと思ったのですが何故かまだ出来ない様子。(実装されました。)昔エロスケにデータ投稿をしていたことはあるのですが、面倒で途中から放置してしまったので今回は続けてみようかと思います。

 ブログパーツも読書メーターと同じように実装されそうなのでサイトやブログ持ちの方にとって便利なツールかもしれません。作品ごとにコメントを残せるのですが、Twitterにもついでに投稿出来たりするそうです。私はTwitterやってないので、なんとも言えないですが人によっては便利なのかも。興味がある方は登録されてみてはどうでしょうか?

 今のところゲームメーター上での検索が酷い有様なので、登録したいゲームのASINを調べて(「作品名 ASIN」でググれば大抵出てきます) http://gamemeter.net/g/~の「~」の部分にぶちこめばその作品のページが出てきます。

 例えば祝福のカンパネラの場合はASINが「B001J2Y400」なので作品ページのURLは

 http://gamemeter.net/g/B001J2Y400

 といった具合です。

 そんな訳でブログパーツ貼っておきます。

ubumeの最近やったゲーム  ubumeの今やってるゲーム

 お気に入り登録とかご自由にどうぞ。


08 . February
 世間的にテスト期間だというのにアキバへ赴き、またまた中古を漁ってきてしまいました。どこへ逝くんだ自分。

 【スズノネセブン!】情報ページ公開中!
 ■スズノネセブン! / Clochette
 なんだか萌えゲーらしい萌えゲーをやりたかったのでなんとなく購入。御敷仁氏が原画のようですが結構好み。いちゃいちゃラブラブが楽しめれば文句なし。さらにさくっと終われば言うことありません。評判は悪くないみたいなので期待です。

 
 ■祝福のカンパネラ -la campanella della benedizione- / ういんどみるOasis
 これも買う予定は無かったのですが、スズノネと同じ理由で購入。ぶっちゃけどっちか外れても良いように保険を掛けた結果。どみる作品は木之本みけ氏が参加しているというのにド変態展開が無いのは飼い殺しだと思うのですよ。ということでおしっこシャワーとかほのぼの変態シチュ希望。絶対に無いとは分かっているのですが・・・。みけたんは一度PILでお仕事して欲しいです。Acasiasoftが解散してしまったことですし。

 
 ■マジカライド / すたじお緑茶
 なんだか隠れた良作っぽいので以前から気になっていた&2kもしなかったので購入。早速インスコしたのですがどっかでみた展開というか魔女っ娘モノの王道展開ですな、主人公使い魔になるというのは。使い魔状態でも男声なのが少し薄気味悪いので早く慣れたい。ACTパートがどんなものなのかが少し楽しみです。

 ■フォーチュンクッキー / smart
 こちらも隠れた良作ということで。ついでに1kしなかったので購入。ただひたすらほのぼのしたいです。心暖まるような作品であることを願います。Ritaさんの『しあわせのみつけかた』は名曲だと思っているので、どのような過程をたどって、流れるのか楽しみ。J・さいろー氏がライターとして参加しているので個人的に外れはないだろうと思っています。

 ■黒愛~一夜妻館・淫口乱乳録~ / CLOCKUP
 真・恋姫プレイ後からのフェラゲーへの情熱が物凄いということで。パー穴・Chuッパ・仙台とインスコし直したのですが以前から気になっていた『うどんフェラ』を聞くために購入してきました。先月も『らーめんフェラ』のためにザーセキュ買ったっけか・・・。

 ゲームインプレとは別に各キャラごとのフェラレビューみたいなものを書こうかと考えているのですが需要あるでしょうか?どこのレビューサイトを見てもフェラに焦点を絞ったレビューって見たことが無かったので。どのように書くか考え中ですが、とりあえず実験的に書いてみようと思います。

 注釈入れなかったのですが上で挙げた作品の略称が分かる方は果たしているのかな。フェラゲーについてはもっぱら2chのフェラスレに依存しているのですが、フェラスキー的にお勧めのレビューサイト様とか知っている方がいらっしゃったら教えていただけるとありがたいです。

 ぶっちゃけ、先月からぜんぜん崩せていないのに明らかに買い過ぎです。春休み中はエロゲ三昧してやるんだぜ!



29 . January


桜吹雪 ~千年の恋をしました~ (Silver Bullet)
原画:桜沢いづみ , 江森美沙樹
シナリオ:日野亘 , 有梨つかさ
発売予定日:2009年4月24日

 去年のうちに情報が出てたのに知ったのがつい先日。桜沢いづみさんのサイトを暫く見てなかったので気付きませんでした。桜沢さんがエロゲの原画を担当するのは「ワンコとリリー」以来ですから二年半振りになるのでしょうか。同人方面でも追っかけてはいますが、やはり商業で活躍してくれるとファンとしては嬉しいです。シルバーバレットの江森美沙樹さんと二人で原画を担当する様子。いづみさん担当のヒロインは桜森紅紗(さくらもり あかしゃ)と天蕗雪花(あまふき せつか)の二人。振り仮名がないと読めないお・・・(;^ω^)

 なんかメインヒロインっぽいのでとりあえず小躍りしました。シナリオも外注と本社からの二人で担当するみたい。日野亘氏は「るい智」のライターの方みたいです。凡作臭がモノ凄いするけど、購入決定。気が早いけど、これで春も勝つる!

 主題歌の「桜霞~サクラノカスミ~」がなんか好きです。ムービーが早く見てみたい。

それにしても公式ブログでのキャラ対談って久しぶりに見た気がします。なんかどーでもいい印象しか受けないのですが世間的な評価はどうなのでしょうか?

 ubumeは「桜吹雪 ~千年の恋をしました~ / (Silver Bullet)」を全力で応援致します。





28 . January
 昨日の更新でむすめーかーのインプレ書きました。何だかんだで文字数多くなるんですが、果たして全部読んでくれる人なんているのでしょうか。自分が閲覧側なら読みそうに無い。無名のブロガーのレビューなんてそうそう読むものじゃないですよね、常識的に考えて。そういえばブログ開設からそろそろ4ヶ月。開設当初からページビューが少しも変わってないんですが、半年後・一年後にどう変化しているのかちょっと楽しみ。暇だから予測を立ててみる。

 ①なんだかんだで今の2倍くらい(50pv / day)
 ②長期的に更新をせず現在と変わらず(20pv / day)
 ③むしろ面倒でブログ閉鎖(0pv / day)

 とりあえず③はヤダ・・・

 話題転換して、今月の新作は特に欲しいものが無いです。ネーブルとドミルの新作が出るけどとくに興味なし。話題に挙がったりしたら半年後くらいに買っているかもしれませんが。というかまだ恋姫終わらないです。武将多すぎる。個別シナリオが埋まらないですよ。それなのに日曜に中古で買い漁ってきてしまった自分に呆れております。内訳はというと・・・

 彼女×彼女×彼女×、しあわせなお姫様、ザーメンセキュリティー2009、学園催眠隷奴、姪少女。

 よし!

 抜きゲーばっかりだ!!

 これで勝つる!
27 . January
DigitalCute
むすめーかー (Digital Cute) 評価 ★★★★

 「むすめ育成調教SLGADV」と言うジャンルからしてこの作品のニッチさを感じられることでしょう。逆説的に言うと人によっては物凄いフェティシズムを感じられるジャンルなのですが。内容は期待していた以上だったのでとても満足しています。ロリ好き、調教好きを自負する自分にとってはまさに至高の作品でした。処女作でマイノリティーであろう嗜好作品をリリースしてきたデジキューを一人のエロゲーマーとして高く評価したいです。次回作以降の作品展開に期待せざるを得ません。

■貴重なジャンル「ロリ調教」

 ロリ一直線とは本作のためにあるような言葉です。二次元ロリコンが求めているものは何か?小動物の様な愛らしさと幼さ(精神的・またそこから派生する言動など人によってニーズは様々)を併せ持つヒロインです。けしてただ頭身が低く傍から見て痴呆のようなヒロインではありません。処女作でこんなジャンルに手を出した製作陣ですから、上記のようなロリゲーのもっとも重要な要素を履き違えてはいません。

 「むすめ育成調教」と冠するだけあってむすめたちを健やかに育成することも調教と称してがっつり責めることも可能です。SLGパートでの主人公の行いによってマルチエンドを用意してあるのでどのような結末を迎えるかはユーザー次第。むすめたちとほのぼのとした生活を送ることも、嗜虐心を満たすために調教を課すこともプレイヤーの自由です。

 私が一番評価したいのは調教パートです。理由の一つはN・A・T・Sシステムを使ってユーザーのやりたいように出来るという優れものだったことです。スパンキングや蝋燭責め、鞭責めなどをリアルタイムアニメーションで行えるゲームは初体験でした。このゲームシステムは衰退しつつある調教系SLG、ADVにとって光明に為り得るかもしれません。なんと言ってもおしりに蚯蚓腫れつけるのが堪らない快感です。こういった感覚が解る紳士諸君にとっては危険なシステムかもしれません。(当たり前ですが、やりすぎるとゲーム進行上大きな妨げになってきます。)

■ロリゲーと侮ることなかれ。抜きゲーとしての完成度は上々。

 抜きゲーとしてエロシーンの完成度は上々です。アイテムによってブルマを穿かせたり、メガネをかけさせてみたり、ちょっとした遊びにニヤリとできます。ヒロイン、サブヒロインを併せてエロシーンのボリュームで不満が出ることはないかと。また各キャラごとにアイテムの使用と調教の深化で見られるハードプレイ、BADエンド直前での凌辱シーンはなかなか良い趣味をしています。アナルフィスト・口虐・輪姦・精液噴水・触手串刺しなどなど。スカや完璧な精神崩壊こそ在りませんが、凌辱一本ではなくキャラ萌えに重きを置くロリゲーでこういったシチュエーションを拝めること自体大分稀なことです。ロリ凌辱自体が残念ながらマイナージャンルですし...

 抜きゲーとして優秀であったことが本作の価値を高めていることは間違いの無いことでしょう。ロリゲーマー及び鬼畜ゲーマーは刮目すべし。両方の嗜好を併せ持った自分の感想としては次の一言で十分。

「ぁ・・ぁぁ・・・。 ありがてぇ! ありがてぇ!」


■今作で露呈した問題点を次回作以降でどう改善するかが肝要

 さてこれまで散々褒めてきたのですが、勿論改善すべき点はあります。N・A・T・Sシステムを初めUI・ゲームエンジンが新規立ち上げブランドにしては珍しく全て自社製でしたがバグフィックスが完全ではなく、プレイにこそ支障が無くなりましたが現在の最新パッチ(ver1.33)でも細かなバグは解消されていません。これは次回作以降もっとも力を入れるべき改善点です。発売前からの連日のアップデートがありましたが、以前のバージョンでのセーブデータが流用出来ずプレイを途中で放棄してしまったユーザー層もいたはずです。そういった層を疎かにすることはメーカー側にとって得策ではありません。バグがあるにも関わらず発売日当日からプレイを開始していたユーザー層は間違いなく本作に期待を抱いていたユーザーなのですから。ソフトハウスとして地位を確立するにはそういった層からの信頼を勝ち得ることがとても重要でしょう。次回作以降では安定したシステムの搭載を期待したいです。

 ~ここから雑感~
 ネタバレ無しで「むすめーかー」の「核」であるロリ調教の貴重さ、そして抜きゲーとして完成がどれほどのモノだったかを書いたつもりです。シナリオは分かり易い敵役を登場させたりとgdgd感が溢れんばかりでしたが、真ヒロインを用意していたりゲーム終盤に人情話を展開させたりと頑張った方ではないかと。キャラ萌えのお飾り程度なのであんまり頑張られても困りものですし、今回程度のテイストで十分かと。

 ヒロインについてですが、かりんが極悪的に可愛い。エロシーンで―それも調教中に―萌えさせられる、というのもなかなか乙です。口鼻虐が堪らんのです。3回目、4回目と数をこなしていくほど物凄く従順になっていく彼女に僕はもう・・・と言った感じで。ツンデレが妙に活きていたヒロインだったのではないかと。

 サブヒロインについてですが少々ボリューム不足気味。ゆずの様な変り種はともかく、ざくろと、すいかにはしょんぼり。特にすいかはエロシーン少なすぎて泣きそうです。OHPでのキャラ紹介でメイン3人と他で分けるくらいはした方が良かったかもしれません。扱いがあからさまに違うので。

 ゲームシステムについてはそこそこ良かった。SLGパートの難易度・手間が丁度良い塩梅でした。調教パートがもっと細かく(それこそDEEPなどの本格的調教ゲーのように)あったりしたら神ゲーだったやもしれません。ここら辺は次回作以降に期待したいのです。調教SLGというジャンルはもう時代遅れなのかなぁ。

 お気に入りヒロイン:かりん
フェラも多いし、ツンデレが板についた良ヒロインでした。メガネ姿がめっちゃ可愛かったので立ち絵も欲しかったかも。


Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]